寒い季節

冷え症を引き起こすとされる生活習慣

そもそも冷え症になる原因は、毎日の生活習慣にあります。たとえば、毎日熱すぎるお風呂に入ると冷え症になりやすいです。42℃以上の熱すぎるお湯は、体の表面しか温めることができません。よって、体内をきちんと温められないので、出た直後に湯冷めをしやすくなります。 その他にも、コーヒーや緑茶などを飲みすぎる習慣も原因です。これらに含まれるカフェインには、身体を冷やす作用があるからです。冷え症を改善するには、規則正しい生活習慣を身につける必要性があるのです。

体を温めるための有効な方法

冷え症を改善するためには、色々な方法があります。その1つが、積極的に歩くことです。そもそも体を温めるには、全身の血液の循環を促すことが不可欠です。血液を循環させる役割があるのは、筋肉です。筋肉のほとんどは足に集中しているので、歩くことによって全身の血を巡らせることができます。それで、冷えを改善させることができます。なので、普段の生活でエレベータを使わずに階段を使うなどするといいです。 その他の冷え症対策としては、琉球温熱療法があります。これは、温灸器というアイロン状で体に熱を入れることで冷えを解消します。血行を良くし、体内に溜まった老廃物を出すことができます。体を内部から温められるので、内臓も正常に機能させられます。