送迎を行っている

送迎サービスを利用しよう

人工透析は、一度行うことになってしまうと定期的に行う必要があります。自宅から病院までの移動の負担を和らげるために送迎サービスを行っている病院もあります。送迎サービスは、体の負担を減らすことが出来るということだけではなく、公共機関やタクシー利用の際の経済的負担を軽減させることも出来ます。透析患者のための送迎サービスは、無料で実施している場合と有料である場合がありますので、利用前に確認するようにしましょう。また、送迎サービスを利用するにあたっては、あらかじめ予約をする必要があります。日程が決まっていることも多いため、しっかりと確認することをオススメします。 透析患者であっても、介助が必要である場合には、利用することが出来ない場合があります。

透析には2つのタイプがあります

透析治療は、血液透析と腹膜透析とがあります。どちらを行うのかは、腎臓の状態や生活習慣により異なります。 血液透析は、1回につき4時間程度掛かり、1週間に3回行われるのが一般的です。医師や看護師などの管理のもとで受ける必要があります。 一方の腹膜透析は、1日数回、連続して毎日行うのが一般的です。細菌感染しやすいというデメリットがあり、長期的に行うことは避けるべきであるとされています。そのため、途中から血液透析に切り替える必要が出てくる可能性もあります。 治療を行っている最中であっても、腎臓の負担を増やさないためには、食事療法が大切になります。その際の食生活のポイントとしては、腎臓病の食事療法と同様です。