無呼吸は気づきずらい

独身の人は気づく機会が少ない

睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく、寝ている間に呼吸が何秒間か止まってしまう病気のことです。結婚している人の場合、睡眠時無呼吸症候群になっても奥さんが気づいてくれるケースがよくあります。しかし、独身の場合はなかなか気づくことができません。 だからと言って、結婚した方がいいと言うわけではありません。気づく機会が少ない分、自分で気をつけなければいけないと言うことです。お互いに意識をする事は大切です。とくに、30代から60代の男性は睡眠時無呼吸症候群に気をつけましょう。

睡眠時無呼吸症候群を予防しよう

睡眠時無呼吸症候群は、太っているとかかると言われていますが、そうとは限りません。細身の方でもかかることはあります。さらに、男性がなるものと思っている人がいますが。女性でも睡眠時無呼吸症候群に悩む人は多いです。 とは言え、やはり肥満体型の人はなりやすいので、ダイエットした方がいいでしょう。また、最近は睡眠障害の人が増えています。寝酒が欠かせないと言う人も多いですが、アルコールが原因で睡眠時無呼吸症候群になることも多いです。とくに、肥満体型の人は寝酒はしないようにしましょう。 寝る姿勢も大事で、仰向けより横向きで寝た方がいいです。横向きで寝れない場合、抱き枕を使うとスムーズに寝ることができると言われています。